中国の「一人っ子政策」、さらに緩和へ

家族計画に関する法規制を見直し

11月19日、中国国家衛生・計画生育委員会の報道官は、三中全会の決定事項として「一人っ子政策」の緩和が打ち出されたことを受け、家族計画に関する法規制をさらに緩和する方向だと明らかにした。北京で4月撮影(2013年 ロイター/Jason Lee)

[北京 19日 ロイター] -中国国家衛生・計画生育委員会の報道官は19日、共産党中央委員会第3回全体会議(三中全会)の決定事項として「一人っ子政策」の緩和が打ち出されたことを受け、家族計画に関する法規制をさらに緩和する方向だと明らかにした。

毛群安・報道官は「方向性ははっきりしているということしか言えないが、具体的にどのような戦略が取られるかということについては、専門家の状況分析を待つ必要がある」と述べた。

政府は先週、夫婦のどちらかが一人っ子の場合、第2子の出産を認める方針を打ち出した。

国家衛生・計画生育委員会は週末に、混乱を招く恐れがあると指摘していたものの、法規制が一段と緩和されれば、全ての家族が第2子をもうけることができるようになる可能性もある。

ウェブサイト上に掲載された声明で、同委員会の王培安副主任は「中国が人口の多い国であることは基本的に変わっておらず、経済・社会・資源・環境に長期的な影響をもたらす。家族計画の基本政策は今後長期にわたり維持される必要がある」との認識を示していた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。