100円ショップの会計学決算書で読む「儲け」のからくり 増田茂行著

100円ショップの会計学決算書で読む「儲け」のからくり 増田茂行著

安いからと、ついついあれもこれもと買いたくなってしまう100円ショップ。この心理はまさに、100円ショップのビジネスモデルのなせる業だという。こうした商法が儲かる仕組みを「九九プラス」と「キャンドゥ」という二つの100円ショップの有価証券報告書のデータを分析しながら解き明かしていく。

同時に有価証券報告書のデータを参考にしながら、貸借対照表や財務諸表の見方など会計の基本を伝授する。最後に100円ショップと離れて、開業するならいいのはだんご屋か宝石屋か、さらにコンビニか雑貨屋か、会計学の知識を基に検証している。

長年、企業の経理・税務の実務指導をする著者が手ほどきする会計学の基本書。

祥伝社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。