アメリカ人の政治 吉原欽一著

アメリカ人の政治 吉原欽一著

アメリカでは「正義」は自分にとって利益になることであり、真実よりも「みんなで決めたこと」というプロセスが優先される。自分たちで町をつくり、ルールをつくり、保安官を雇い、治安を守ったのだという移民たちの自負がそうさせるのだという。その考えは当然政治にも反映され、自らの正義をはっきりと主張し、政策に反映させるためにロビー活動やアドボカシー(政策提言)という手法が生み出された。

著者はアジアフォーラム・ジャパン専務理事の政治研究者。建国以降の歴史からアメリカ人の行動原理やその考え方を解き明かし、歴代大統領からウェブを駆使したオバマの選挙手法までアメリカの政治構造を考察している。

PHP新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。