米新規失業保険申請は減少

労働市場の回復は依然緩やか

11月14日、米新規失業保険申請件数は33万9000件と、前週から2000件減少した。写真はニューヨークの就職フェア会場で6月撮影(2013年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 14日 ロイター] -米労働省が14日発表した11月9日までの週の新規失業保険申請件数は、季節調整済みで33万9000件と、前週から2000件減少した。ただ、前週の申請件数が上方修正されたため、労働市場の回復が依然緩やかであることが示された。

市場は33万件への減少を見込んでいた。

前週の申請件数は5000件の上方改訂となった。

労働市場の動向をより正確に示すとされる4週間移動平均は5750件減少し、34万4000件となった。米経済は内需が力強さを欠くため、失業率を大幅に低下させるような雇用創出の状況には至っていない。

11月2日までの週の受給総数は287万4000件と、前週から横ばいだった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。