約2か月ぶり円安、1ドル100円突破

欧米市場でも麻生発言を材料視

11月14日、序盤のニューヨーク外為市場では、ユーロ圏GDPが小幅な伸びにとどまったことを受けてユーロが下落。写真はユーロ硬貨。ウィーンで6月撮影(2013年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 14日序盤のニューヨーク外為市場では、第3・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)が小幅な伸びにとどまったことを受けてユーロが下落。

為替介入という政策手段を有しておくことが大事との麻生太郎財務相の発言が引き続き材料視され、ドル/円は2カ月ぶり高値となる100円台をつけた。

欧州連合(EU)統計局が発表した第3・四半期のユーロ圏GDP速報値は前期比0.1%増と、第2・四半期から伸びが鈍化するとともに、市場予想を下回った。第2・四半期には長い景気後退をようやく脱却したが、フランスが再びマイナス成長に沈んだほか、ドイツでも伸びが鈍るなど、域内の景気失速が鮮明となった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。