記事広告アーカイブ

ネットの顧客を実店舗へ向かわせる
小売業界を変える「クラウド+O2O」の仕組み

ネットの顧客を実店舗へ誘導し、集客力のアップ、そして売り上げ増に結び付けるにはどうすればいいか。今、流通小売業界で多くの企業がそんな問題に直面している。そこに一つの解を示すのが、クラウドであり、「O2O(オンライン・トゥ・オフライン)」であり、「丸善&ジュンク堂ネットストア」の成功事例である。
左から株式会社HON代表取締役社長工藤淳也氏、株式会社エスキュービズム取締役ソリューション事業部長武下真典氏、ニフティ株式会社クラウド事業部クラウドパートナー営業部長福西佐允氏

実店舗の来客数が増えた成功事例とは?

今年4月、「丸善&ジュンク堂ネットストア」がリニューアルオープンした。半年が経過した今も、同ネットストアは順調に売り上げを伸ばしている。しかもサイトオープン以降、丸善・ジュンク堂書店では実店舗の来客数が増えているという。ネット販売の影響を受けて倒産や廃業する書店が続出するなかで、真逆の結果が出ているのである。それはなぜか?

●POINT:店舗での取り置きOK
丸善&ジュンク堂ネットストアでは、ネットで注文した本を店舗で受け取ることができる。会社や自宅、あるいは通勤時の最寄駅に近い店舗に在庫があれば取り置きを頼み、注文から最短約1時間で確実にその本を手に入れることができるのだ。もちろん通常のネット通販と同様、宅配便を利用して受け取ることも可能。離島も含めて送料は無料だ。

●POINT:「ついで買い」を促進
少しでも早く本を受け取りたい人は、店舗での取り置きを選択する。実際、丸善&ジュンク堂ネットストアではネットで購入した人の5人に1人が取り置きを選んでいるという。そして本を取りに来たついでに別の本も、という「ついで買い」が増えている。その結果、ネットから誘導した顧客の客単価は、通常顧客に比べ平均2倍という数字を叩き出した。

●POINT:全国約3000万冊の在庫からとことん探す
丸善・ジュンク堂書店の店頭在庫はおよそ100店舗で約3000万冊。そのほかに書店としては日本最大級の物流センターもある。丸善&ジュンク堂ネットストアには、店頭在庫まで含めたその膨大な量の在庫から注文を受けた本を探し出す「トコトンお探しサービス」がある。店頭では書店員の判断で、絶版になった本を置いておくこともあり、出版社にさえない希少本を見つけだす可能性もあるのだ。

次ページO2Oを支えるクラウド導入プロジェクト