記事広告アーカイブ

「エクスプレス予約・プラスEXを使って、
東海道新幹線ならではのすばらしさを
存分に味わい尽くしていただきたい」

JR東海 営業本部 販売促進グループ 竹内謙太郎グループリーダーの想い

JR東海社員としての竹内謙太郎のミッションは、メインユーザーであるビジネス層を中心に東海道新幹線の利用客を増やすことにある。
そのためのキーツールが、ネットで予約も変更もでき、1年中会員価格が適用されるなどの特典が詰まった二つの「東海道新幹線ネット予約&IC乗車サービス」、 エクスプレス予約とプラスEX。
サービスの中身を知るほどに、使い勝手のよさが腹に落ちて、周到なニーズの把握に基づく商品開発が行われたことが伝わってくる。
と同時に、「東京―大阪の大動脈輸送を支える鉄道会社だからJR東海を選んだ」竹内たちの、東海道新幹線ならではのすばらしさを存分に味わい尽くしてもらいたいという熱い想いもまた、はっきりと伝わってくるのである。
JR東海 営業本部 販売促進グループ グループリーダー 竹内 謙太郎
総合職で入社した竹内は、新幹線運転士の国家資格を取得し営業運転を経験。
全社の予算の取りまとめや本社財務部での資金調達、 リニア中央新幹線プロジェクトなどを経て現職に至る

つねに鍛え続けたからこそ実現した
東海道新幹線ならではのクオリティ

JR東海が東京―大阪の大動脈輸送を支える鉄道会社であることは、総合職事務系の育成プログラムを見てもわかる。東海道新幹線の車掌と運転士の実務が含まれるのだ。社歴が18年目になる竹内も入社後、新幹線運転士の国家資格を取得し、営業運転を経験している。

竹内率いる、営業本部 販売促進グループのメンバー

そのように、東京―大阪の大動脈輸送を支えるという企業としての軸が揺るぎないから、東海道新幹線はつねに磨き上げられ続ける。1987年に旧国鉄が分割民営化され、東海旅客鉄道株式会社として発足したときに、新幹線システムを筋肉質に鍛え上げる壮大な取り組みもまたスタートを切ったのである。

「とはいえ、鉄道業は巨大な装置産業です。すぐに結果がついてくるものではありません」。竹内は語る。「長期的な視野で計画を立て、つねに鍛え続けてきました。そうした取り組みが結実した大きな節目が、2003年の品川駅開業です。これを機に、全列車時速270キロメートル化をはじめとする現在の新幹線システムの骨格が構築されたのです」。

最新の東海道新幹線車両、N700Aの快適空間。グリーン車ではひじ掛け、読書灯に至るまで快適性を追求。従来の新型吸音床構造に加えて、新たに新型制振パネルを搭載。静かで乗り心地のよい車内環境を実現した

その後も、JR東海は質を高める取り組みを瞬時も休めなかった。車両を見ても、時速270キロメートル化を実現した300系に安住することなく700系へ、N700系へ、そして現在ではN700Aへと積極的に更新を進めてきている。JR東海は新幹線システムを、進化を止めないシステムにした。「東海道新幹線ならではのすばらしさは、つねに鍛え続けることで形成されました。開業以来、乗車中のお客様の死傷事故ゼロの実績に裏付けられた安全性、運行1列車当たり平均遅延時分0.5分という正確さ、1日323本以上という列車本数、そして1日およそ40万人のお客様のご利用を実現する大量輸送・・・東海道新幹線以外に、こうしたクオリティを提供している高速鉄道はありません。東海道新幹線ならではのすばらしさを、ビジネスユースのお客様の利益につなげるためにはどうすればよいか。そうした問いかけから生まれたサービスが、エクスプレス予約(EX予約)・プラスEXなのです」。

次ページその場にいながら、次の列車の座席の予約・変更ができる
お問い合わせ
JR東海
 http://jr-central.co.jp/ex


プラスEX〈デビュー1周年記念キャンペーン実施中〉
プラスEXは、入会初年度の年会費無料キャンペーン中。来年の2月28日までに申し込めば、525円の年会費が入会初年度無料に。http://plus-ex.jp/1st-anniversary

掲載されているサービスの利用条件については下記でご確認ください

〈エクスプレス予約〉 http://expy.jp/
〈プラスEX〉 http://plus-ex.jp/