NY外為市場、1ドル100円目前

FRB早期緩和縮小観測で

11月12日、序盤のニューヨーク外為市場ではドルが対円で1カ月ぶり高値をつけた。写真はドル紙幣を扱うジャカルタの両替商。8月撮影(2013年 ロイター/Beawiharta)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 12日序盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で1カ月ぶり高値をつけた。前週末の予想を上回る雇用統計をきっかけに、米連邦準備理事会(FRB)が予想より早い時期に資産買い入れ縮小に着手するとの見方が強まっている。

ドル/円は一時、9月13日以来の高値となる99.79円まで値を上げた。

心理的節目の100円、および9月につけた高値の100.62円の水準がドルの上値抵抗線となっている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。