10月英消費者物価指数、予想以上の鈍化

中銀への利上げ圧力緩和

11月12日、英国立統計局が発表した10月の消費者物価指数は市場予想を下回った。写真はロンドン中心街で8月撮影(2013年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 12日 ロイター] - 英国立統計局が発表した10月の消費者物価指数(CPI)は、前年比2.2%の上昇と、市場予想の2.5%上昇を下回った。イングランド銀行(英中央銀行)に対する利上げ圧力を緩和する内容となった。

CPI上昇率は2012年9月以来の低水準。燃料価格やその他の輸送コストの低下などが要因となった。

CPIは前月比では0.1%上昇。予想は0.3%上昇だった。

英中銀は13日に新たなインフレ報告を発表する。

キャピタル・エコノミクスのアナリスト、マーティン・ベック氏は「10月のインフレ指標は、英経済の成長加速とインフレ低下を示す内容」と指摘。「最近発表されたエネルギー価格の大幅引き上げの影響が出始めることから、インフレは11月にやや上向く可能性があるものの、実質的な物価圧力は引き続き抑制される見通しだ」と指摘した。

CPIデータを受けてポンドは対ドルで2カ月ぶりの安値をつけたが、英国債価格は上昇に転じた。インフレが高水準にとどまり、英中銀への利上げ圧力が強まるとの懸念が後退した。

この日発表された10月の生産者物価指数(PPI)上昇率は前年比0.8%と2009年10月以来の低水準となった。市場予想は1.0%だった。

一方、英住宅価格は3.8%上昇した。

*内容を追加して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。