裾野を広げ、狙うは「シリコンバレー超え」

10年で1000社への出資を目指すモビーダの戦略

--裾野を拡大していく上で具体的な目標は?

 10年くらいで1000社やりたいとは言っています。

伊藤 昨年の正月に「3年で300社」という目標を言ったのですが、2年弱で投資した会社はまだ32社です。モビーダスクールへのなんらかの参加をした企業ということでは200社くらいにはなっているのですが。

 営業目標とは違うので、無理して数を追うものではない。それでも10年で1000社には投資したいと思っています。

伊藤 500万円ずつでも50億円必要になります。いま200~300社はやれる規模のシードファンドをやっていますが、シードの次のステージのスタートアップを支援できるファンドを作ることもプランに入っている。1億円規模で出資をするようなファンドをやっていきたい。ここから出資する範囲は他社がインキュベートしたスタートアップも含んでいます。成功する人たちを増やすために、これもぜひやっていきたい。

とにかく裾野を拡げていく

 数を増やすためのネックとは何か。数が少ないこと自体がネックだと思います。とにかく数を増やすことが必要で、大事なことは裾野を広げることだと思います。

--そのために必要なものとは?

伊藤 政策でもできることはありますが、やはり空気を変えることが大事だと思います。たとえば、今の日本の大企業ではいったん辞めて起業した場合、元の会社に戻るのが難しい。リクルートなど一部の会社だけでしょう、戻れるのは。出戻りが当たり前、となればもっと多くの人がチャレンジすると思います。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。