ファッションの二十世紀 横田一敏著

ファッションの二十世紀 横田一敏著

ルイ・ヴィトンがパリで創業したのは1854年。ナポレオン三世の皇妃ユージェニー御用達として知られ、ヴィトンの旅行トランクは世界の王室のシンボルとなった。19世紀には王侯貴族、一部の金持ちのものだったファッションは、やがて20世紀に入り女性の社会進出とともに大衆化していく。カルティエ、シャネル、サンローランと高級ブランドが次々に誕生する一方で、豊かさの象徴だったオートクチュールはついえ、スポーツウエアがコレクションに登場するようになった。

著者は『流行通信』の元編集長。その時々の生活、文化・芸術などの影響を受けながら変化してきたファッションの歴史を振り返り、21世紀のファッションの行方をさぐる。

集英社新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
コールセンターの流転<br>採用難、地方撤退、AIで消滅?

沖縄で不人気職種1位はコールセンター業務。離職率が高い。センターの最大集積地は沖縄から、北海道へ。次をうかがうのが福岡。採用難の解消へAI活用が進む現状をリポート。