哲学は人生の役に立つのか 木田元著

哲学は人生の役に立つのか 木田元著

人生に絶望した著者は、終戦直後の混乱期をテキ屋や闇屋をしながら生き延び、やがてハイデガーの著書『存在と時間』に出会う。この書から絶望した人間の存在構造を知れば、自分の絶望も救われると考え、生涯を哲学に捧げる決心をしたという。

ハイデガーの思想を理解するためにカント、ヘーゲル、フッサール、メルロ=ポンティと遍歴するが、当初の期待は見事に裏切られる。しかし、表題の問いに答える形で「私は哲学に出会うことによって救われた」と言い切る。

今年80歳を迎えた哲学者が、幸福論を導入とする哲学とはなにか、未来をいかに生き抜くかを、自身の人生を振り返りながら、若い世代に向けて縦横無尽に語った一冊。

PHP新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。