容疑者ケインズ 小島寛之著

容疑者ケインズ 小島寛之著

1960年当時、ケインズ経済学は輝いていた。ケネディ政権はサミュエルソンらを登用し、ロビンソンなどの左派も元気いっぱいだった。しかし今、ケインズ政策といえば放埓(ほうらつ)な財政出動と同義といわんばかりの理解が横行している。

著者はケインズの個々の定義や一般的政策論については批判的だが、ケインズの言わんとしたことを推量し、現代的意義を認めないわけではない。公共事業の効果は否定されるが、議論に赤字国債が加われば話は変わるだろう。

サブプライム危機をテーマにした章ではナイトの不確実性理論などタイムリーな解説がなされ、選好と意思決定のメカニズムについての章も興味は尽きない。総じて最新の経済学が易しく理解できる構成になっている。そしてきちんとケインズに戻ってくるところはなかなかに読ませる。それにしてもよくわからないタイトルだ。はやりの映画にあやかったのか。あまり深く考えないでおこう。(純)

プレジデント社 1260円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。