ECB、主要政策金利0.25%に

インフレ率の予想外の低下に対応

11月7日、欧州中央銀行は、主要政策金利を引き下げ0.25%とした。写真はフランクフルトの本部前で5日撮影(2013年 ロイター/REUTERS/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 7日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)は7日、主要政策金利であるリファイナンス金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、0.25%とした。

インフレ率の予想外の低下を受け、追加緩和によって、緩慢なペースでの景気回復を支援したい考え。

上限金利の限界貸出金利も25bp引き下げ、0.75%とした。

下限金利の中銀預金金利は0.0%に据え置いた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。