GMI report No.1
グローバル市場制覇に不可欠なルール形成戦略

國分 俊史 デロイト トーマツ コンサルティング ディレクター

製品やサービスの品質・機能を向上させ、アンメットニーズに応えることで、優位性を構築する。
従来の競争戦略論にのっとれば合理的な選択であるが、現代のグローバル競争においては、その帰結は勝者なき消耗戦である。
持続的な成長を続けるためには、自ら市場のルールをつくり変えることが必要である。

“第二の死の谷”の克服が成長のカギに

企業の持続的な成長が困難になり、イノベーション力の向上は世界のすべての企業で最重要課題となった。イノベーションはこれまで導入期から成長期の“死の谷”の克服に議論が集中してきた。しかし今は成長期で利益を回収する前に競合に追いつかれ、ライフサイクルが短命化することで、持続的な成長がよりいっそう難しくなっている。われわれはこれを“第二の死の谷”と呼んでいる(図表1)。

画像を拡大
[図表1]“第二の死の谷”を乗り越える新たな勝ちパターン

次ページ先細る競争戦略による戦いの成果
CONTENTS
特別対談 日本のリーダーが、世界で戦うために必要なこと 岡田 武史サッカー元日本代表監督 近藤 聡デロイト トーマツ コンサルティング 代表取締役社長 パートナー
特別寄稿 哲学、美学がない企業に未来はなし 石井 裕 MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボ 副所長
Top Interview 事業の特性にあわせて戦い方を変える三菱電機のグローバル戦略 山西 健一郎 三菱電機 執行役社長 取締役
GMI REPORT グローバル市場制覇に不可欠なルール形成戦略 國分 俊史 デロイト トーマツ コンサルティング ディレクター
 
GMI REPORT 外発的グローバル化のすすめ キャメル・ヤマモト デロイト トーマツ コンサルティング ディレクター
GMI REPORT グローバル経営の作法 日置 圭介 デロイト トーマツ コンサルティング パートナー
 
Featuring Deloitte Digital グローバル×デジタル化社会における 経営のイノベーション  岩渕 匡敦 デロイト トーマツ コンサルティング パートナー
結びに 困難なこれからの10年、今がまさに岐路 大崎 明子 東洋経済新報社 編集局 ニュース編集部 部長
 
LINK
グローバルマネジメントインスティテュート グローバル競争において日本企業が勝ち抜くために 詳細はこちらから
Deloitte. Digutal 詳細はこちらから
 
ARCHIVE
グローバル経営戦略 2013
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。