本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー 養老孟司、竹村公太郎著

本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー 養老孟司、竹村公太郎著

温暖化、食料・水不足など、私たちの命とかかわるさまざまな問題が噴出している。自然や人体のユニークな観察で知られる解剖学者の養老氏が、現場を「五感で知る」人と、解決策を考えようと行った対談。相手は治山・治水行政に携わり、文明論の著述でも知られる元役人の竹村氏だ。

「温暖化対策に金をかけても無意味」「国が小さくなるのは、いいことが多い」「医学をはじめ世の中の問題の大半には解がない」など、常識とは違う発想が示される。問題の答えを養老氏は「分からない」とするが、五感を駆使しながら物事を広くとらえる「博物学」、そして情報だけではなく「モノを基準にする発想」が、解決策を見つける考え方ではないかと提案する。

PHP新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?