雌と雄のある世界 三井恵津子著

雌と雄のある世界 三井恵津子著

三十数億年前、地球に存在していたのは雌も雄も区別のない単細胞生物だった。1個の細胞が細胞分裂によって2個の娘細胞を作り出し生き続けていたが、いつからか雌の個体と雄の個体ができ、複雑巧妙な仕組みを通して自分自身と同じような個体を作る生物が増えるようになった。

雌と雄があることで生物には想像以上に多様性が生じる仕組みが備わっているという。遺伝子が混ざり合うため、多胎児の場合以外は親・兄弟姉妹とも違う唯一無二の個体が誕生するからだ。

著者は化学雑誌の編集長も務めたサイエンスライター。生物界の進化を「雌と雄」「細胞」から考察し、iPS細胞やクローン技術など、最先端のトピックもわかりやすく解説している。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。