SECがJPモルガン調査、為替取引などめぐり

JPモルガンが、当局に提出した文書で明らかに

11月1日、米JPモルガン・チェースは米司法省や他の政府機関が同社の香港における採用慣行や為替取引について調査を行っていることを明らかに。写真はロンドンの同社オフィス。9月撮影(2013年 ロイター/Neil Hall)

[1日 ロイター] -米金融大手JPモルガン・チェースは1日、米司法省や他の政府機関が同社の香港における採用慣行について調査を行っていることを明らかにした。

SECに提出した四半期報告書で明らかにした。

同問題をめぐっては米証券取引委員会(SEC)がすでに調査に着手している。

また、同社の為替取引をめぐり、複数の関連当局が調査を進めていることも明らかにした。調査は初期段階にあるという。

そのほか、巨額ねずみ講事件で服役中のマドフ受刑囚との関係について追加情報を当局に提供したことも明らかになった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。