SECがJPモルガン調査、為替取引などめぐり

JPモルガンが、当局に提出した文書で明らかに

11月1日、米JPモルガン・チェースは米司法省や他の政府機関が同社の香港における採用慣行や為替取引について調査を行っていることを明らかに。写真はロンドンの同社オフィス。9月撮影(2013年 ロイター/Neil Hall)

[1日 ロイター] -米金融大手JPモルガン・チェースは1日、米司法省や他の政府機関が同社の香港における採用慣行について調査を行っていることを明らかにした。

SECに提出した四半期報告書で明らかにした。

同問題をめぐっては米証券取引委員会(SEC)がすでに調査に着手している。

また、同社の為替取引をめぐり、複数の関連当局が調査を進めていることも明らかにした。調査は初期段階にあるという。

そのほか、巨額ねずみ講事件で服役中のマドフ受刑囚との関係について追加情報を当局に提供したことも明らかになった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。