豪政府、中国大手に参入許可せず

華為技術のブロードバンド網整備に懸念

10月29日、豪州のブランディス司法長官は全国ブロードバンド網(NBN)整備計画について、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を参入禁止にする方針であることを明らかに。写真は同社のロゴ。1月撮影(2013年 ロイター/Rick Wilking)

[シドニー 29日 ロイター] -オーストラリアのブランディス司法長官は29日、380億ドル規模の全国ブロードバンド網(NBN)整備計画について、前政権と同様に中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を参入禁止にする方針であることを明らかにした。

労働党の前政権は、セキュリティー上の懸念から同社の入札参加禁止を決めた。現連立政権の中には、ターンブル通信相をはじめ、参入禁止の見直しを支持する声があったため、解禁への期待が高まっていた。

ブランディス司法長官は電子メールを通じてロイターに対し、新政権は選挙後、セキュリティー担当機関から説明を受けてきたとし、これまでの方針を変更する決定はされていないとコメントした。

これに対し中国側は懸念を表明。外務省の華春瑩報道官は「セキュリティー上の懸念を口実として、2国間の正常な経済協力関係に介入することに、われわれは一貫して反対している」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。