世界のエリートが説く、幸せなキャリアの法則

世界各国のグローバルエリートが送るキャリアアドバイス(1)

さて、こちらシンガポールで「東洋経済オンライン」の人気コラムをちらりと見ていたら、やはり自分の専門分野について書いているコラムへの需要が高い。

それに比べてこのグローバルエリートときたら、「笑っていいとも!」終了への感想とか、中国経済への先行きとか、門外漢な分野に片足を突っ込んでは翌週はほかの分野にまた片足を移すなど、ヒットエンドラン戦法で1年間書きつづってきたわけである。

そこで今回のコラムでは、“キャリア”コーナーに分類されている本分に立ち返り、私のとっておきの秘蔵コラムを放出することにした。今回のコラムは単に私が与太話を書いているのではなく、過去のキャリアや留学時代に出会った世界各国のグローバルエリートな友人に、「人生を振り返り、5年前の自分にキャリアアドバイスするとしたら何を助言するか」という問いに応えてもらったものである。

一人ひとりに直接回答を書いてもらうのも苦労したが、日頃、「東洋経済オンライン」を楽しみにしてくださる親愛なる読者の皆様のため、シンガポールで原稿の締め切りに追われる私が、ひと肌脱がせていただこう。

次ページ自分がつくメンターを間違えない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。