「財政協議で歳出以外も検討を」

オバマ米大統領、共和党に要請

10月25日、オバマ米大統領は、共和党との今後の財政協議について、歳出削減だけにとどめるべきではなく、税の抜け穴をふさぐことで税収を拡大し、雇用創出に充てる必要があるとの考えを示した。ニューヨークで撮影(2013年 ロイター/Larry Downing)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - オバマ米大統領は25日、共和党との今後の財政協議について、歳出削減だけにとどめるべきではなく、税の抜け穴をふさぐことで税収を拡大し、雇用創出に充てる必要があるとの考えを示した。

大統領はIT(情報技術)業界への就職支援プログラムを提供する高校で演説し、今年の財政赤字は2009年の半分程度に縮小する見通しだと指摘。追加の赤字削減に加え、年金やメディケア(高齢者向け公的医療保険)の支給額を長期的に削減する案を受け入れる用意もあるが、税の抜け穴をふさぎ税収を拡大することが条件になると述べた。

そのうえで「財政上堅実で、責任ある予算が必要だ。不要な歳出を省き、雇用創出につながらない税の抜け穴をふさぐことで、教育や研究、インフラなど実際に成長に寄与することに投資する財源を確保する予算が必要だ」と訴えた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。