米JPモルガン、FHFAに51億ドル支払い

MBS・住宅ローン訴訟、和解決着

10月25日、米JPモルガンと米連邦住宅金融局は、モーゲージ担保証券(MBS)と住宅ローンに関する訴訟をめぐり、51億ドルの和解金を支払うことで合意したと明らかにした。ニューヨークの本社で9月撮影(2013年 ロイター/Mike Segar)

[25日 ロイター] - 米JPモルガン・チェースと米連邦住宅金融局(FHFA)は25日、JPモルガンが金融危機前に政府系住宅金融機関(GSE)に販売したモーゲージ担保証券(MBS)と住宅ローンに関する訴訟をめぐり、51億ドルの和解金を支払うことで合意したと明らかにした。

FHFAへの支払いは、同行が司法省を含む政府機関と暫定的に合意している130億ドルの和解金の一部とみられる。

51億ドルのうち、40億ドルは、連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)と連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)に販売した全てのMBSに関する訴訟の和解金で、残りの11億ドルは、2000―2008年に2社に販売された住宅ローンの買い戻しに関する訴訟の和解金としている。

FHFAのデマルコ長官代行は声明で「JPモルガンと政府機関の未解決のMBS訴訟の解決に向けた重要な一歩だ」との認識を示した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
持ち家が危ない<br>マイホームが「負動産」になる

東京・豊島区で15%の空き家率。空き家はもはや地方都市だけの問題ではない。積立金不足で大規模修繕が進まないマンションも。「負」動産化する持ち家の大問題とその対策を提示。