リーマンショックが半導体ウエハへも波及


 10月21日、半導体ウエハ世界2位のSUMCOが2009年1月期の見通しを下方修正した。売上高は期初計画の前期比5%増から一転して、同1割減の4300億円。営業利益は期初計画が前期比2割減だったが、その見通しをさらに下回り、同5割減の650億円となる。

SUMCOの強みは積極投資路線。住友・三菱・コマツという母体3グループからの製造装置・材料供給などの側面支援をバネに、生産能力の増強を重ねた。結果、ウエハの推定世界シェアは07年に首位の信越化学工業の33%に迫る29%に上昇。直径300ミリ品の月産能力も、信越化学を追いかけるように、08年3月には100万枚に達した。

だが、クリスマス商戦向け電子機器用ウエハの需要期に当たる9月にリーマンが破綻。消費不況への懸念がウエハにまで及び、「注文にどたキャンが相次いだ」(SUMCO)。需要の冷え込みを想定し、07年度に1652億円だった設備投資を、08年度1500億円、09年度500億円にまで絞る見込みだ。

(石井洋平、二階堂遼馬 =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。