米新規失業保険申請件数は35万件

市場予想の34万件までには減少せず

10月24日、米労働省が発表した10月19日までの週の新規失業保険週間申請件数は、季節調整済みで1万2000件減の35万件となった。写真はワシントンの就職フェア会場前で6月撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米労働省が24日発表した10月19日までの週の新規失業保険週間申請件数は、季節調整済みで1万2000件減の35万件となった。ただ34万件を見込んでいた市場予想ほどは減少しなかった。

カリフォルニア州でシステム障害により手付かずとなっていた申請の処理が続いていることが押し上げ要因となった。

前週分は36万2000件と、当初発表から4000件引き上げられた。

労働省のアナリストは、カリフォルニア州で未処理となっていた申請への対応がなお継続していると説明している。

新規失業保険週間申請件数データは9月以降、新システム移行に伴うカリフォルニア州のテクニカル障害でゆがみが生じており、労働市場の正確な状況を把握することが困難になっている。

また最近では、政府機関の一時閉鎖による連邦職員による失業保険申請も押し上げ要因となっている。10月12日までの週に連邦職員による申請は2万5939件減少した。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる4週間移動平均は34万8250件と、1万0750件増加した。

10月12日までの週の受給総数は8000件減って287万4000件。当該週の受給総数は、10月の米雇用統計の家計調査の期間に含まれる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。