オトク度アップ、「auスマートパス」の新戦略

高級レストランが55%引き。キーワードは「ラッキー」

10月24日、KDDIの高橋誠専務(写真右から2人目)は都内の発表会で「auスマートパス」のサービス拡充を明らかにした

サービス開始から1年半で会員数は800万を突破、順調に会員獲得が進むKDDIの「auスマートパス」。アプリや独自コンテンツが使い放題となる同サービスは、多くのユーザーに支持されているが、年度内に会員数1000万を達成すべく、KDDIは次の一手を打ち出した。

スマートパスは月額390円で、ゲームなどのアプリや各種ウェブコンテンツが使い放題となるサービス。そのほかにも、限定クーポンが配布されたり、iPhoneの修理代金が実質無料になる補償サービスを追加するなど、スマホ時代における中核サービスとして成長してきた。

ユーザー特典を拡充

今回発表したのはユーザー特典の拡充だ。コンビニスイーツの無料お試し券やファストフード、カフェの特別割引などを実施してきたが、こうした日常的なクーポンを大幅に拡充することに加えて、プレミアム感のある特典を加えていくという。

都内で発表会に臨んだKDDIの高橋誠専務は、「毎月ユーザーの方から頂いている390円の原資を使って、どんどん“ラッキー”を還元していきます」と宣言した。

次ページ提携する会社は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。