中国成長率は13年7.6%、14年7.4%へ

ロイター独自調査

10月24日、ロイター調査によると、中国の2013年の成長率は7.6%となるが、2014年は7.4%に鈍化すると見込まれている。写真は北京市内で7月撮影(2013年 ロイター/Jason Lee)

[北京 24日 ロイター] - 10月18─22日に実施されたロイター調査によると、中国の2013年の成長率は7.6%となり、政府目標の7.5%を上回る見通し。2014年成長率は7.4%に鈍化すると見込まれている。

前回7月の調査では、2013年と2014年の成長率はともに7.5%と予想されていた。

第3・四半期に7.8%を記録した成長率は第4・四半期には7.5%に鈍化し、2014年第2・四半期までその水準にとどまると予想されている。

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、マーク・ウィリアムズ氏はリサーチノートで「今後数カ月景気が減速する可能性が一段と高まっており、ハードランディングに対する警戒感が再浮上するかもしれない。ただ、信用の伸び鈍化が景気減速の要因である限りは、好ましい状況と言える」と指摘した。

消費者物価指数(CPI)伸び率は2013年が2.7%、2014年が3.1%になると予想。7月時点の予想は2013年が2.6%、2014年が3.3%だった。

また、中国人民銀行(中央銀行)は指標となる金利を今後1年半にわたり据え置くと見込まれている。預金準備率はほぼ2014年を通して据え置かれる見通しだが、2014年第4・四半期に引き下げられる可能性もあると予想されている。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
カカクコム<br>優良児のつまずき

食べログ、価格.comを運営するカカクコム。営業利益率は50%近い超優良児だ。今年2月に上場来初の業績下方修正を発表し、株価は低迷。クチコミビジネスが直面する課題に迫る。