チャイナユニコムの3Q、予想上回る51%増益

中国2位の携帯電話会社

10月24日、中国第2位の携帯電話会社、中国連合通信の第3・四半期決算は前年同期比51%の増益に。写真は北京市内の同社店舗で3月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 24日 ロイター] - 中国第2位の携帯電話会社、中国連合通信(チャイナ・ユニコム)<0762.HK>の第3・四半期決算は前年同期比51%の増益となり、市場予想を上回った。

24日の市場取引終了後に発表された1─9月期決算に基づくロイターの算出によると、7─9月の純利益は30億5000万元(5億0136万ドル)で、前年同期の20億2300万元から増加した。

ロイターがまとめたアナリスト4人の予想平均は28億4000万元だった。

同社株は24日の香港株式市場を1.7%高で終了した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。