アフラックが難病の子どもとその家族を支援


 アフラックが行う社会貢献活動のひとつに、「ペアレンツハウス」の支援活動がある。アフラックは日本で初めてガン保険の取り扱いを始めた会社。ガン保険で大きく成長した会社として「同じ分野で還元したい。ガンをはじめとする病気と闘う人々を助けたい」という思いで開設された。

小児ガンをはじめとする難病の治療は、大都市圏の専門病院で行われることが多い。そのため地方在住の場合、小児と看病をする家族は長期間、自宅を離れての闘病生活となる。治療費以外の交通費、滞在費の負担を少しでも軽減するため、「ペアレンツハウス」はアフラックの契約者に限らず闘病中の子どもは無料、家族は1泊1000円で宿泊できる。浅草橋には医療相談ができるソーシャルワーカーを常駐させ、「経済的な支援とともに、同じ立場の人同士が集まる場所を提供することで、精神的な負担を軽減する場所にもなっている」(広報部・社会貢献活動推進課の寺門神次郎氏)という。

一般的に企業が行う社会貢献活動は、利益の一部を還元するという形で事業費を賄うことが多い。アフラックでは、企業としての出資とともに、社員が給与天引きの形で1口100円から毎月寄付するほか、販売代理店が販売手数料収入の一部(1000円~50万円程度)を寄付する。そのほかにも募金活動やチャリティイベントなど、すべてアフラック関係者による活動から得た資金で、年間1棟につき約4000万円の運営費を賄っているという。

「社員も販売代理店の方々も、ガン保険を販売することに意義を感じている。だからこそ、ガンや難病と闘う人々を支援する社会貢献活動に賛同してくれる」と寺門氏は胸を張る。

ペアレンツハウスは日本社創業25周年記念事業として、1棟目を2001年2月東京・亀戸に開設。30周年記念事業として2棟目を04年12月東京・浅草橋に開設した。創業35周年を迎える09年11月には、大阪府に3棟目の開設を予定している。08年5月末までに亀戸は累計3060家族、浅草橋は累計1415家族の利用があった。「継続することに意味がある」(寺門氏)取り組みに今後も期待したい。

(生保・損保特集編集部)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング