米キャタピラー減収減益

通年見通し再び下方修正

10月23日、米重機大手のキャタピラーが発表した第3・四半期決算は、鉱山向け重機の需要低迷が響き減収減益となった。写真は同社の機械。2月撮影(2013年 ロイター/Eric Vidal)

[シカゴ 23日 ロイター] - 米重機大手のキャタピラーが23日発表した第3・四半期決算は、鉱業向け重機の需要低迷が響き減収減益となった。通年の業績見通しも下方修正した。

第3・四半期の利益は9億4600万ドル(1株当たり1.45ドル)。前年同期の17億ドル(同2.54ドル)から減少した。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの1株当たり利益予想は1.66ドルだった。

売上高は18%減の134億ドル。

オーバーヘルマン会長兼最高経営責任者(CEO)は、CNBCテレビとのインタビューで、鉱業からの受注は再び活発化するものの、いつになるかは分からないと見通した。

同氏は「最近話した鉱業の顧客らは、私と同様、長期的にはとても強気だ」と指摘。「ただ、長期というのが来年になるのか、5年、10年なのかは分からない。ただ(需要は)戻ってくる」と自信を示した。

同社は第3・四半期に3000人を追加削減したことを明らかにし、一段の縮小もあり得るとした。

オーバーヘルマン氏は「建設や鉱業、エネルギー事業を見直してコストを削減し、売上高が持ち直せば、とても良い時期が迎えられるだろう」と指摘。「ただ今は、鉱業が2014年にかけて弱含み続けるとみている」と話した。

通年の業績については、売上高が約550億ドル、1株当たり利益が5.50ドルになると予想。それぞれ560億─580億ドル、6.50ドルとしていた従来予想を下方修正した。通年業績の見通し引き下げは3度目となる。

修正後の売上高見通しは、昨年を約17%、110億ドル下回り、減少分の約75%は鉱業向けの受注減少によるものと説明している。

2014年については、前年比5%の増減を見込んでいるとした。キャタピラーが2014年の業績見通しを公表したのは今回が初めて。

23日午前の取引で同社株は6%近く下落した。

*内容を追加して再送します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。