話題の「フィリピン英語」でペラペラになる!

【第1回】世界中で採用される、驚異の4倍速英会話学習法

単なる概念ではなく、実際にそういうメカニズムなのだ。だからこそ、英語のスピーキング力を伸ばすためには、声に出してたくさん英語を話すことが不可欠なのである。

水泳のハウツー本をいくら読んでも、ピアノの弾き方のCDを食い入るように見ても、いきなりカナヅチさんが泳げるようになったり、弾けなかったピアノが弾けるようになったりすることはない。

泳げるようになりたければ、本を捨てて水に飛び込むことだ。ピアノがうまくなりたいなら、名人の演奏を聞いて耳を肥やすだけでなく、プラクティスを怠らないことだ。それ以外に道はない。

英語もまったく同じで、話せるようになりたいのなら、英語を話すためのメカニズムに基づいたプラクティスがたいへん重要だ。今から50年も前に、そこに着目して生まれたのがカラン・メソッドだった。次回はその内容について、さらに掘り下げて紹介していこう。(カラン・メソッド「英語反射力」を鍛える奇跡の学習法」は10月25日(金)発売です!)

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。