話題の「フィリピン英語」でペラペラになる!

【第1回】世界中で採用される、驚異の4倍速英会話学習法

私たちは大人になるまで、英語の学習に何年もの年月を費やしてきた。学校の英語の授業で機械的に覚える英文法も、受験のためにひたすら詰め込む英単語も、大学時代の分厚い原書の読解も、無駄な学びなどひとつもない。私たちは十分に英語を学んできたのだ。その中でただひとつ、英語を話すための訓練だけは、ほかに比べて大きく欠落したままだった。

英語を話すために、フォーカスしたトレーニング法

英語を話す練習を十分にはしてこなかった。だから今でも英語が話せない――。話はとてもシンプルだ。しかしそう言われて反論したくなる人も、少なくないのではないだろうか。

「英語の勉強は今でも嫌というほどやってるよ。だけど話せるようにならないんだ!」

心の中でそうつぶやいたあなたこそ、これまでの学習法の見直しどきかもしれない。俗に口が回るようになるなどと言うが、英語を読むだけ、聴くだけ、単語を覚えるだけでは、なかなか話せるようにはならない。

たくさん英語を話して、耳をならし、同時に調音器官の運動神経を訓練することで、私たちはだんだんとうまく英語が話せるようになっていく(ただし、いつか英語が話せるようになったとき、蓄積してきた知識は必ずモノを言う。再度言うが、あらゆる学習は無駄ではない)。

調音器官とは、口唇、口蓋、声帯、舌、咽頭など、言語音を発音するための器官のことだ。この調音器官を英語仕様に訓練すると、脳の中にもそれに応じた回路、俗にいう「英語脳」がつくられる。そこまでいくと、日本語の介在なしで英語を聞いて理解し、話せるようになるのである。

次ページ水泳の本を読んでも水泳はできない。英語もガンガン話さないと
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サウジで要人大量逮捕<br>背景に皇太子の危機感

日本の最大の原油輸入相手国、サウジアラビアで政変が起きた。現国王の息子であるムハンマド皇太子が主導し、王族や実業家などを含む200人以上の要人を逮捕。日本への影響は?