話題の「フィリピン英語」でペラペラになる!

【第1回】世界中で採用される、驚異の4倍速英会話学習法

明るい国民性も手伝って、フィリピン人講師に対する受講者の感想は、おしなべて良好だ。独自の講師研修や教材開発に取り組むスクールも多く、オンライン英会話の世界は今や一般英会話にとどまらず、ビジネス、TOEIC受験、キッズ英語と、さまざまなコースができている。その中で私が注目しているのが、「カラン・メソッド」と呼ばれる指導法だ。

スピードが支配、思考停止で絶句する人も

半世紀ほど前にイギリスで開発されたカラン・メソッドは、世界中の英語学校400校以上で導入されている、歴史も実績もある英語教授法だ。英語を学ぶ外国人に、短期間で「英語仕様」の耳と口と脳を獲得させるとして定評がある。

それがどういうものなのか、一言で語るなら、「講師が矢継ぎ早に投げかける英語の質問に、間髪を入れずフルセンテンスで答えていく」という説明に尽きるだろう。

レッスン中、講師はナチュラル・スピードを上回る速さで、英語の質問を2回ずつ繰り返す。そして英語を話しなれない生徒がもたもた答えようとするのを、忍耐強く待って……はくれない。言いよどんでいる生徒を尻目に、講師は答えまでさっさと言ってしまう。生徒は茫然としながらも、講師に促されるままに、答えのセンテンスをなぞって発話する。

このスピードこそ、カランのレッスンの要なのだ。初心者に対しても、ほとんど手加減はされない。質問自体は決して難しいものではなく、講師の質問をよく聞いて、そのフレーズを踏襲して答えればいいだけなのだが、流れるようなスピードに圧倒され、これが最初はまったくできない。

次ページペンですか、それとも鉛筆ですか?も最初はきついが…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?