国内損保・大手8社トップインタビュー--新商品の開発は進むか

国内損保・大手8社トップインタビュー--新商品の開発は進むか

損保市場は、上位9社でシェア80%強を占める寡占市場だ。ただ、上位社が主力とする自動車保険は、構造的な縮小傾向が続く。経済構造が変化すれば、損保会社がカバーすべきリスクが新たに生まれ、国内での成長に伸びしろはあるいうが、足元での芽吹きはまだ見えない。さらに上位7社は上場会社。ファンドなどからの買収にもさらされる。今後の姿をどのように描くのか、上位8社の社長に成長戦略を聞いた。

東京海上ホールディングス 隅修三社長
銀行、信託分野への進出はちょっと違う気がしますね

 成長していくためには、マーケットを作っていかなければいけない。そのためには、企業なり個人のニーズをくみ取り、それに合わせた商品を開発すると同時に、営業力も強化しなければいけない。また、リスクを引き受けるスピードも一段と上げていく必要があります。

営業力の強化については、抜本改革でシステム基盤を一新しました。理店とのオンラインが全部新しくなり、ネットワークの力がどんどん強くなってきます。間違いなく1~2年後には強力な販売力に結びついてくると思う。もっと早くしたいけれど、今回いろいろな不祥事があったので、やや時間がかかってもしょうがない。業務品質の改善をまずやらなければなりません。業務品質の改善なくして、販売、販売ということにあまりに注力するのは、今はそういう時代ではないと思います。

業務品質の改善とは、お客様から見て、保険会社の日常の仕事の流れ、プロセスが透明で、違和感のないスピーディな対応が可能になるよう仕組みを作ることです。そのためには顧客、代理店、保険会社における情報の共有化が大事ですが、今回の適正化の問題は、それを全社員に定着させる強烈な追い風になっており、全国の代理店の意識も1年前とは様変わりになっています。そのうえで手数料体系も代理店、保険会社の役割分担に応じた「見える化」の仕組みを作っていきます。

業務品質を追求していけば、これまでのようなボリュームを狙う再編がいいのかどうか微妙だし、まして銀行、信託の分野への進出となると、ちょっと違うかな、難しいかなという気がしています。結論から言うと、わわれは本業である保険を一つのベースとして、そこから派生するところまでを考えていますから。

いずれにしろ、こうして国内の成長を図る一方、海外拡大も今後の大事なポイントです。この10年、アジア、中南米はじめいろいろなところでM&Aをやってきましたが、今後も「規律あるM&A」をやりながら積極的に拡大していきます。規律あるM&Aとは、会社の健全性が高くて経営者が規律あるアンダーライティングをしている、非常に強いビジネスモデルを持っている、なおかつ成長性が非常に高く期待できる。この三つをベースに持ち、それに加えて東京海上グループ全体のポートフォリオに、非常に大きな貢献をしてくれる企業をM&Aしていこうということです。

M&Aは今回のキルン、フィラデルフィアで打ち止めではなく、もっと収益を高めようという世界にはまだまだ遠いですから、もっとこれをやっていかなければなりません。欧米でさらにポジションを取っていくことで、世界のトップランクに入るグローバル企業を目指していきます。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。