好戦の共和国アメリカ戦争の記憶をたどる 油井大三郎著

好戦の共和国アメリカ戦争の記憶をたどる 油井大三郎著

「アメリカはなぜ好戦的なのか。デモクラシーの先駆者なのに」。この疑問に植民地時代から400年の戦争史を見直して、歴史学者が答える。

独立革命からイラク・対テロ戦争に至るまで、アメリカ社会には「正義の戦争」を主張する「好戦派」が常にいる。一方で軍事力の行使に慎重な「非戦派」の動きも活発だ。相反する考えが生まれる背景には「理想の国家を武力で作った」という誕生の経緯と、「物事は話し合いで解決できる」という理想を持つ独特の民主主義の姿がある。そして戦争ごとに正当性をめぐる議論で社会が大きく動揺する。

「日米同盟は重要」という議論が日本で根強いが、アメリカの戦争観の「特殊性」を理解せねば「危うい」と説く。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。