記事広告アーカイブ

今年就職活動を始めるみなさんへ
本当に働きたい!と思える
企業を見つけるために

追い風が吹いている中で1人取り残されないために

 
就職情報唯一の客観データ集『就職四季報総合版』で業界・企業情報を研究しよう(11月8日発売)

これから就職活動を始める皆さん、『就職四季報』バーチャル業界研究フェアを訪れていただき、誠にありがとうございます。

就職環境は全体としては厳しさが薄らいできています。就職率は小幅ながら改善していますし、皆さんの1つ上の先輩、2014年卒生の内定状況を見ても、前年に比べ内々定を複数もらって就活を早く終わらせた人が増えていることが、複数の調査で指摘されています。来年4月に控えた消費税率の引き上げという景気の大きな減速要素はありますが、今のところアベノミクスや東京オリンピック決定などでムードもよいばかりか、実際に労働需要の拡大が見込まれ、皆さんには追い風が吹いていると言ってよいでしょう。

ただ、そうした状況の中で、内定をもらえる人は複数の会社から手に余るほどもらえ、内定をもらえない人は秋口になってももらえない、という格差が広がっていることには十分留意すべきです。脅すつもりはまったくありませんが、就職環境がよいときのほうが、内定をもらえないとつらいものです。

さらに、「どこでもよいから内定がほしい」と焦るあまり、会社の内容もよく調べずに選考を受け、安易に就職を決めてしまうということにもなりがちです。近年大きな問題となっている「ブラック企業」も、ついて来ることのできない人は辞めてもらうことを前提にしており、簡単に内定をくれますから要注意です。

次ページ会社を比較することで見つかる自分だけの興味ポイント