「わらわし隊」の記録 早坂隆著

「わらわし隊」の記録 早坂隆著

日中戦争のドキュメンタリー、といっても主人公は吉本興業所属の芸人たち。昭和13年から敗戦直前まで中国戦線の兵士たちを慰問するため朝日新聞主導のもとに結成された「わらわし隊」の実情が丹念にたどられる。「笑わし」と「荒鷲」を掛けて命名された慰問団は、前線間近な即席ステージで過酷な日程のもと、漫才、浪曲、落語、漫談などを演じて将卒、傷病兵を喜ばせた。大義名分は別にして、朝日、吉本としては営業推進の大目標が成功を収めたこともわかる。

陸軍軍属として参加した金語楼、アチャコ、エンタツ、ミスワカナらの言動を追いつつ、70年後の今、元兵士や関係者との対話、中国取材など、多層な記録の集成で最後まで大部を飽きさせない。兵士たちがいかに笑いに飢えていたか身につまされるが、著者の目は将卒、そして芸人たちに対しひたすら温かい。南京虐殺や従軍慰安婦なども、慰問団の取材をもとに否定的結論を出している。(純)

中央公論新社 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。