ローソン、肉厚ビーフハンバーグサンドの衝撃

1年半で3倍超。全国5000店に店内調理サービス導入

10月22日から発売した「肉厚ビーフハンバーグサンド」(税込350円)。年間2000万食が目標。

コンビニの差別化戦略にローソンが新たな一手を打ち出した。同社では店内調理サービス「まちかど厨房」の導入を広げており、2014年2月末には2500店、15年2月末までに5000店へ拡大する方針。向こう1年半で、現状の約1500店から一気に3倍超にまで増やす計画だ。

コンビニ大手三社(セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマート)の国内店舗数は各々1万店を越え、市場の飽和も近いとされる。そうした中、成長を持続するには差別化した商品の投入が欠かせない。店内調理品は通常の商品よりも粗利率が比較的高く、コンビニ各社が力を入れている。

ローソンでは全商品の平均粗利率が約31%に対し、店内調理品では50%を超すという。「まちかど厨房」の導入は今年の春以降に本格的化し、各店舗で調理パン、お弁当、おにぎりと取扱い商品の拡大を段階的に進めている。1店舗あたりの平均日販(単体ベース)は55.2万円だが、調理パンの導入で約2万円、調理パンと弁当の導入で約3万円、調理パンと弁当、おにぎりのフルラインで約5万円の売り上げ増を見込む。これが奏功すれば、日販60万円台の到達も見えてくる(業界首位のセブン-イレブンの平均日販は約67万円)。

好採算と新規顧客開拓で一石二鳥か

もっとも、店内調理品が順調に売れても、その分、従来の仕入商品の販売が減る懸念は残る。10月21日の商品説明会では、「今まで中食をあまり利用していなかった女性とシニアをターゲットにし、低カロリー弁当など高付加価値なメニュー開発を行う。そのため、(店内調理店拡大は)新規顧客の開拓になると捉えている」(和田祐一・ローソン執行役員商品統括グループCEO補佐)と述べた。

次ページコンビニの「手作り」はどこまで通用する?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。