薄れる存在感? スカイマークの利益が半減

LCC台頭とコスト増で採算悪化。来期の起死回生なるか

スカイマークはLCCの攻勢、コスト増という二重苦に苦しんでいる(写真:田中正秋/アフロ)

安い運賃を武器に、日本航空やANAホールディングスといった大手航空会社の牙城に挑んできた“かつての新興勢力”のスカイマークが、国内の航空業界で新たに台頭してきた格安航空会社(LCC)に押されている。

スカイマークは10月17日、今年度(2014年度3月期)業績見通しを下方修正した。売上高見通しは911億円(前期比6%増)と増収ながらも、従来から40億円下げた。さらに苦しいのは利益面。本業の儲けを示す営業利益は23億円と前期(46億円)から半減する見込みで、従来見通しからは35億円も下げ、当初の増益計画を断念した。

苦戦の理由は2つ

なぜ苦戦しているのか。その理由は、2つに分解することができる。「LCCとの競合激化」と「コスト増大」だ。

まずは、競合激化。成田空港発着で新千歳(北海道)や福岡、沖縄などに向かう路線が、同じ成田を発着し、低価格を特徴にするジェットスター・ジャパンやエアアジア・ジャパン(11月から「バニラ・エア」に社名変更)といったLCCに侵食されている。ドル箱の羽田-福岡線についても、スターフライヤーなどとの激しい競争に押され、旅客を奪われている。

次ページ成田発着のLCCが価格攻勢
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。