米JPモルガン、当局へ40億ドル支払い和解

米連邦住宅金融局、当初の60億ドル要求から減額?

10月18日、米JPモルガン・チェースは、住宅ローン担保証券の不適切な販売を行ったとして米連邦住宅金融局(FHFA)に訴えられていた問題で、FHFAに対し40億ドルを支払い和解することで暫定的に合意した。ニューヨークの本社で9月撮影(2013年 ロイター/Mike Segar)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米JPモルガン・チェースは、住宅ローン担保証券(MBS)の不適切な販売を行ったとして米連邦住宅金融局(FHFA)に訴えられていた問題で、FHFAに対し40億ドルを支払い和解することで暫定的に合意した。関係筋が18日明らかにした。

40億ドルの支払いについては、先に米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が報じており、同紙は関係筋の話として、FHFAは当初JPモルガンに60億ドルの和解金を支払うよう要求していたと伝えている。

JPモルガンとFHFAの広報担当者はこの件に関するコメントを控えた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。