ロールス・ロイスCEOが語る世界戦略

2940万円からの超高級車、日本では年90台販売

今年から販売を開始した「レイス」

エントリーモデルで2940万円、最高級モデルは5640万円と、異次元の超高級車ブランド「ロールス・ロイス」。1904年創業のイギリス高級車メーカーを発祥として、曲折を経て、2003年にドイツBMWがブランドを買収、新たな自動車会社「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」として再出発した。

リーマン・ショック、欧州経済危機と、超ラグジュアリー商品にとっては厳しい環境が続いてきたが、出遅れていたアジア・大洋州地域への販売網拡充が功を奏し、業績は拡大基調にある。

2012年のグローバル販売台数は3575台。そのうち日本は90台程度を占め、正規代理店であるコーンズ・モータースやニコル・グループが販売している。アジア・大洋州地域では、中国に次ぐ台数だ。

日本の販売環境も好転

では、日本での事業の状況はどうなのか。インタビューに応じたトルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOはこう語る。

「日本での事業環境は、新しい経済政策の影響もあり、好転している。顧客がショールームに戻ってきている。ハイエンドのラグジュアリーカーを買おうという意欲が出てきているようだ。2013年も販売台数は増やせるだろう」。

次ページ目指すは「安定成長」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。