記事広告アーカイブ

第1回
薄毛を気にする人、急増中?

「いつまでも若々しくいたい」——男女を問わずアンチエイジングへの関心が高まる中、「薄毛」を気にする人は少なくない。実は、自分が薄毛ではないかと感じている日本人男性は1260万人、薄毛を気にしている男性は800万人にも上るとの報告 *がある。今回は、薄毛に悩んだ会社員のモデルケースを紹介するとともに、北里大学医学部皮膚科講師の齊藤典充医師に、いまどきの「薄毛事情」を解説していただいた。

Short Story ある営業マンの悩み

松木直さん(仮名)は、42歳のトップ営業マン。営業成績も良く、日本中を駆け回る日々だ。忙しさから、昼はファーストフード、夜は会社でカップラーメンという食生活が続いているが、仕事が評価されているという充実感から、そんな生活にも不満はなかった。

ただ、最近気になっているのが、頭髪のこと。

妻から「最近、あなたの枕についた抜け毛が多くなったみたい」と言われたのがきっかけだ。思い返してみると、シャンプーや整髪時に手に残る抜け毛が増えた気がする……。「生えている髪の毛自体もなんとなく細くて頼りなく、以前ほどのボリュームが出なくなった。そのため、うまくセットできなくなったな」と思う松木さんだった。

そう考え始めると、次々にネガティブなことばかりが思い浮かぶ松木さん。取引先の女性の視線が頭髪に向いていると思えたり、街で「薄いね」という声が聞こえると自分のことを言われたように思えるようになってきた。それとともに、以前のように自信を持って仕事に取り組むこともできなくなってきた。

そんな落ち込み気味の松木さんの様子を見た妻は、「まずは育毛剤を使ってみたらどうかしら。それでも気になるようなら専門のお医者さんのところに行くのもいいんじゃない?」と、励ましてくれた。

どうせならとことん薄毛とつきあってみようと考えた松木さんは、育毛剤を使いつつ、専門医のアドバイスも聞いてみることにした。すると、医師からは「医療機関でも処方している成分が入った育毛剤を使われていますね。治療も行っていきますが、せっかく使い始めたのだし、今の育毛剤も使い続けてみてはいかがでしょう」と言われ、少し元気を取り戻した松木さんだった。

育毛剤と病院の治療を始めて数カ月後。松木さんは、徐々にボリュームが出てきた頭髪を鏡に映し、満足げに髪の毛をセットした。

不思議なもので、髪の毛のボリュームが上がると、自分に対する自信も取り戻すことができた。今では元通りバリバリと仕事をこなしている。

松木さんは、思い悩むより、早めの対処が大切だな、と実感している。

次ページ20代以上の男性の45%が薄毛を憂慮
お問い合わせ
第一三共ヘルスケア
 www.daiichisankyo-hc.co.jp/

製品に関するお問合せ
www.daiichisankyo-hc.co.jp/contact/
関連ページ
第2回 薄毛に悩んだら早めの対応が大切
>> ページを見る
第3回 カロヤンはじめて物語
>> ページを見る
第4回 古くて新しい育毛剤「カロヤン」
>> ページを見る