共同開発車がヒット。日産と三菱の深まる連携

日産・三菱提携の本気度

6月に発表した三菱の新型「eKワゴン」は好調なセールスを記録

日産自動車と三菱自動車が共同開発した新型車が、成長著しい軽自動車市場に殴り込みをかけている。

日産は「デイズ」、三菱は「eKワゴン」の名称で、それぞれ6月上旬にハイトワゴン車(車高1.6メートル級)を発売。軽の中でも最大の売れ筋ジャンルで、強敵がひしめく激戦区ながらも健闘している。軽乗用車販売台数は、6~9月累計前年同期比で日産が6割、三菱が9割弱と大幅に伸び、市場シェアも向上した(下図)。

2014年初には、近年ファミリー層中心に人気が高まっているスーパートールワゴン(車高1.7メートル超級)の「デイズ ルークス」(日産)、「eKスペース」(三菱)を投入する。

軽自動車は今や、新車販売数で国内乗用車の4割を占める重要市場になった(下図)。が、これまで日産はOEM(相手先ブランドによる生産)調達のみ。自社生産する三菱も、経営問題を抱えて開発や投資が思うに任せず、両社とも存在感を失っていた。

次ページ合弁開発会社を設立 両社のネタを持ち寄る
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。