営業と詐欺のあいだ 坂口孝則著

営業と詐欺のあいだ 坂口孝則著

著者は大手メーカーのバイヤー。すぐれたセールスマンはお客から「いい人」に見られ、彼らが伝えることは「メリット」「信頼」「価格」の三つだけ。「デブ・貧乏(破産)・アルコール依存症」などの不幸を経験した人の商品が売れるのは、いつの時代も人生の逆転劇は求心力を持つからなどなど、占い師やコンサルタントに至るまでさまざまな商品売買を取り上げ、その背後に隠れているセールステクニックを解説している。

最初は良心からはじまっているセールスでも、売れることにこだわるあまりグレーゾーンを越えることもある。営業と詐欺は紙一重。善良な市民はみな潜在的詐欺被害者と注意を促し一方で、売買の面白さも語っている。

幻冬舎新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。