大暴落1929 ジョン・K・ガルブレイス著・村井章子訳 ~現在と比較しながら方向や矛盾を考える

大暴落1929 ジョン・K・ガルブレイス著・村井章子訳 ~現在と比較しながら方向や矛盾を考える

評者 会社学研究家 奥村 宏

 サブプライム危機から発したアメリカの金融危機で、これは1929年の株価大暴落、それに続いて起こった世界大恐慌の再来ではないか、という声があちこちから起こっている。

では1929年恐慌とは何であったのか。このことを理解するために書かれたのが有名な経済学者であり、ケネディ政権にも近かった著者によるこの本である。54年に出てから半世紀以上経つが、やさしく、そして興味深く書かれているから読んでいて飽きない。 

日本語訳は徳間書店から小原敬士訳と牧野昇監訳が二回出ているが、それらに比べ今回の新訳は正確で、読みやすい。

20年代にもアメリカでは不動産投機が盛んで、フロリダなどで地価が暴騰したが、それに続いて株式投機が盛んになり、株価は急騰した。これは80年代の日本のバブルにも共通している。

そしてFRBは金利引き下げ政策を採っていたが、これは2000年代のアメリカと同じである。

この株式ブームでは個人投資家が投機化するとともに、会社型投資信託が大衆の資金を集めて、株高をあおった。もっとも、年金基金などによる株式所有の機関化は進んでおらず、株式投機の主役は個人であった、という点が現在とは異なる。

なにより大きな違いは、当時のアメリカは債権国であったが、現在のアメリカは巨額の債務を抱えた借金国。20年代のアメリカはイギリスから世界経済の主導権を奪って覇権国になっていたが、現在はアメリカの一元的ドル支配が崩れかけている、という点が大きく違う。

銀行が証券子会社を通じて株式業務をしていたために大恐慌につながったという反省から大恐慌のあと、アメリカでは銀行と証券の分離が行われたが、現在は逆にモルガン・スタンレーやゴールドマン・サックスなどが銀行持ち株会社になるという方向をとっている。

このように1929年恐慌と現在のサブプライム危機を比較しながら、この本を読んでいくことを奨める。

かつてガルブレイスは『バブルの物語』という本で、17世紀のチューリップ恐慌以来、人間の富への欲望と過信がある限りブームと暴落を繰り返すとし、1929年恐慌もそのひとつとしてあげたが、しかしそういってしまったのでは、せっかくの読者の努力も水の泡となる。

そうではなくて、20年代と現在とを比較しながら、世界経済がいまどういう方向に進んで行き、どういう矛盾を抱えているか、ということを考えることが必要だが、この本はそのための手がかりを与えてくれる。

John Kenneth Galbraith
1908~2006年。カナダ出身の経済学者。時代感覚にあふれた旺盛な執筆活動で世界的なベストセラーを量産。『アメリカの資本主義』で拮抗力、『ゆたかな社会』で依存効果、『新しい産業国家』でテクノストラクチャーといった新しい概念を生み出した。

日経BP社 2310円  309ページ

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。