新書で入門 宮沢賢治のちから 山下聖美著

新書で入門 宮沢賢治のちから 山下聖美著

フリーター、パラサイトシングル、シスコン。宮沢賢治の生涯にはこんな現代のキーワードがあてはまる。生前はほとんど無名で自費出版の詩集は古本屋で棚ざらし、やっと出した童話集もまったく売れず印税代わりにもらったのは自著100部。生涯に稼いだ原稿料はたったの5円だったという。

しかし、没後火がついた人気は生誕150年を越えた今も衰えることを知らない。日本近現代文学を専門にする著者は、賢治の作品には独特の「感じ」、特異な感覚の「ちから」があるという。

五感を超えた賢治独特の感性に注目しながら、21世紀に入ってもなお多くをひきつけてやまない宮沢賢治の生涯と作品世界を読み解く。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。