ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか 奥山俊宏・村山治・横山蔵利著

ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか 奥山俊宏・村山治・横山蔵利著

ミートホープや船場吉兆の食の偽装、ニチアス・栗本鉄工所の建材偽装、三菱自動車の欠陥車隠し、そしてヤミカルテル告発、検察「調活費」疑惑……。そこに不正があれば、内部告発によって露見する。そのための環境をつくる、そんな試行錯誤が今の日本で続いている。内部告発した人、その組織への取材によって、内部告発を有効に生かすことこそ、不正を明らかにして是正するための最良かつ最短の道と説く。

談合やカルテルを自主申告すると課徴金を減免する制度で、“自首ラッシュ”が起きた。その先陣を切ったのが三菱重工業だった。企業で情報提供ホットラインが進む。企業ばかりでなく、官公庁でも内部告発は有効だ。

朝日新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。