ドコモが放つ「おすすめ」3機種の実力は?

シャープ、富士通、ソニーの端末を重点的に販売

10月10日、NTTドコモは冬春モデルの新商品発表会を開催し、9機種のアンドロイドスマホを発表。タブレットやジュニアスマホ、従来型のフィーチャーフォンも発表した。9月からiPhone販売を進めるドコモだが、以前からアンドロイド端末を中心に扱ってきただけに、ライバルと比較しても厚みのあるラインナップとなっている。

今回、販売戦線の軸となるのは「ドコモのおすすめスマートフォン」である「AQUOS PHONE ZETA」(シャープ)、「ARROWS NX」(富士通)「Xperia Z1 f」(ソニーモバイル)の3機種だ。

AQUOS PHONEは、おなじみのIGZO液晶の省エネ性能をさらにアップ。端末の両サイドを握ることで簡単な操作ができる新機能を搭載した。ARROWSはディスプレーの消費電力を下げ、かつ見やすいように改良している。Xperia Z1 fは、グローバルモデルで5インチディスプレイを備えた「Z1」と同等のカメラ性能を4.3インチ画面のコンパクトなボディに盛り込んだドコモのオリジナル端末だ。

実使用時間は3日以上

3機種とも実使用時間3日間以上を謳っており、ヘビーユーザーはもちろん、バッテリーの持ちを心配してスマホへの乗り換えを見送っていた初心者ユーザーにもアピールできる端末だろう。おすすめ3機種を選んだ基準について、加藤薰社長は「画面サイズやコンパクトさ、防水機能、バッテリーの持ちなどを比較した上で選んだ」としている。

次ページ「おすすめ」の価格は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。