オバマ米大統領、共和党案を拒否

「新たな超党派委員会設置」に応じず

10月8日、オバマ米大統領は、新たな超党派委員会を設置して予算協議のこう着打開とデフォルト回避を目指す共和党の提案を拒否した。ホワイトハウスで撮影(2013年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 8日 ロイター] - オバマ米大統領は8日、新たな超党派委員会を設置して予算協議のこう着打開とデフォルト(債務不履行)回避を目指す共和党の提案を拒否した。

委員会の設置により解決への糸口がつかめるとの考え方に懐疑的な立場を示した。

大統領は記者会見で「予算委員会というプロセスがすでに設けてある。同委員会を通じて今歩み寄ることも可能だ」と言明。「過去50年間、このプロセスはかなりうまく機能してきた。前進するために新たな委員会の設置が必要かは分からない」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。