サムスン電子、3Q営業利益は過去最高へ

利益水準は、前年同期比25%増の10.1兆ウォン

10月4日、韓国のサムスン電子は第3・四半期(7─9月期)の業績予想を発表した。先月撮影(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ソウル 4日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は4日、第3・四半期(7─9月期)の業績予想を発表した。営業利益は25%増の10兆1000億ウォン(94億ドル)で、過去最高を見込んでいる。モバイル機器事業の利益の伸びは弱含むものの、半導体メモリーの販売が大きく改善する。

トムソン・ロイター・エスティメーツによるアナリスト34人を対象とした調査では9兆9600億ウォンになると予想されていた。

第3・四半期決算の詳細は10月25日までに公表される予定。

売上高は59兆ウォンを見込んでおり、市場予想の60兆ウォンを下回った。

*内容を追加します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。