9月の米ISM非製造業総合指数は低下

雇用は5月以来の低水準

10月3日、米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製造業総合指数(NMI)は54.4と前月の58.6から低下。写真はニューヨーク・マンハッタンの夜景とニュージャージー州・ホーボーケンの公園に掲げられた米国旗。昨年11月撮影(2013年 ロイター/Gary Hershorn)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製造業総合指数(NMI)は54.4で、前月の58.6から低下した。新規受注が鈍化したほか、雇用にも減速が見られた。

エコノミスト74人の予想平均である57.4を下回ったほか、予想の下限も割り込んだ。前月は2005年12月以来の高水準を記録していた。

50が景気を見極めるうえでの分岐点となる。

新規受注は59.6で前月の60.5から低下。

雇用は52.7と今年5月以来の低水準。前月は57.0と半年ぶりの水準に上昇していた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。